【千葉県】脱毛エステサロン・クリニック情報(全12件)

銀座カラー 総合評価
脱毛方法 IPL(インテンス・パルス・ライト)脱毛
対応部位 全身・部分指定・デリケートゾーン
料金掲載
特徴 IPL脱毛という、光のエネルギーがムダ毛に直接作用して痛みが少なく、肌への負担も軽い脱毛方法を採用しています。毛根レーザー脱毛と異なり、肌にやさしいといわれています。保湿マシンも完備しており、術後の美肌ケアもばっちりです。
口コミ・特徴 詳細へ
ピュウベッロ 総合評価
脱毛方法 IPL脱毛
対応部位 全身・部分指定・デリケートゾーン
料金掲載
特徴 エステサロンですが、医療機関と提携し、万全の体制で安全な脱毛を行っております。サイト記載の施術費用以外一切必要無く、入会金や関連製品のセールスも無いので安心して気軽に利用できる脱毛サロンです。
口コミ・特徴 詳細へ
湘南美容外科クリニック 総合評価
脱毛方法 レーザー脱毛
対応部位 全身・部分指定・デリケートゾーン
料金掲載
特徴 手術前に不安や疑問を医師又は女性カウンセラーに直接相談できる個別メール相談システムを採用しています。さらに、施術に際して、医師が病状や治療方針を分かりやすく説明し、患者の同意を得る「インフォームドコンセント」を徹底しており、脱毛治療においてのリスクや施術方法、麻酔方法など詳細に説明してくれます。術後のアフターフォローも万全で、担当医によるメールアドバイスも受け付けており、次の診察まで不安なく過ごせます。
口コミ・特徴 詳細へ
ジェイエステティック 総合評価
脱毛方法 冷光進化脱毛(IPL脱毛)
対応部位 全身・部分指定・デリケートゾーン
料金掲載
特徴 保水しながら脱毛という、脱毛と同時に美肌に導く新しい脱毛法です。自社開発の4倍速脱毛マシンとジェルを使わない冷却方式で、短時間の施術と低価格を実現しています。
口コミ・特徴 詳細へ
Gran More 総合評価
脱毛方法 IPL脱毛
対応部位 全身・部分指定・デリケートゾーン
料金掲載 無し
特徴 異なる波長の幅広い光を同時に放出するキセノンランプを使用した脱毛法です。肌質ごとに68パターンもの脱毛設定があり、一人一人の肌色・肌質・日焼け具合を見極め、最適な効果が得られる設定ができるそうです。
口コミ・特徴 詳細へ
TBC 総合評価
脱毛方法 2WAY脱毛
対応部位 全身・部分指定・デリケートゾーン
料金掲載
特徴 肌の状態や不再生レベルの希望にあわせてハリを用いた電気脱毛と美容光脱毛の2種類(もしくはどちらも)から選べます。
口コミ・特徴 詳細へ
ミスパリ 総合評価
脱毛方法 ワックス・美容電気脱毛
対応部位 全身・部分指定・デリケートゾーン
料金掲載 無し
特徴 藤原紀香さんのCMでもおなじみの高い技術力が評判のミスパリ。脱毛士の国際ライセンス「CPE」取得者や、日本の美容電気脱毛検定の1級・2級・3級取得者を全店に配属しています。
口コミ・特徴 詳細へ
ラ・パルレ 総合評価
脱毛方法 スピード3D脱毛(IPL脱毛)
対応部位 全身・部分指定・デリケートゾーン
料金掲載
特徴 強力冷却脱毛機による脱毛でローションも使わず、施術時間が短いのが特徴です。施術時間の短縮により予約が取りやすいので1年を通じて予約も取りやすく、気軽に通えます。
口コミ・特徴 詳細へ
ラ・パルレ メンズ 総合評価
脱毛方法 スピード3D脱毛(IPL脱毛)
対応部位 全身・部分指定・デリケートゾーン
料金掲載
特徴 上記同様予約が取りやすいことの他に、痛みもほとんどない強力冷却脱毛機による脱毛ですので気軽に通えます。
口コミ・特徴 詳細へ
MEN'S TBC 総合評価
脱毛方法 美容電気脱毛
対応部位 全身・部分指定
料金掲載
特徴 ハリを用いた電気脱毛です。1本1本処理していくので、間引いて自然にうすくしたりなど、自分好みの形にデザインすることができます。
口コミ・特徴 詳細へ
ダンディハウス 総合評価
脱毛方法 ワックス・美容電気脱毛
対応部位 ひげ、胸・お腹、足・腕
料金掲載
特徴 藤原紀香さんのCMでもおなじみのミスパリが運営する男性用エステサロン。脱毛士の国際ライセンス「CPE」取得者や、日本の美容電気脱毛検定の1級・2級・3級取得者を全店に配属しています。
口コミ・特徴 詳細へ
ラ・セーヌ 総合評価
脱毛方法 ニードル脱毛
対応部位 全身・部分指定(顔を除く)
料金掲載
特徴 高周波の熱と電気分解で毛根を死滅させるニードル脱毛を行っています。ニードル脱毛は毛根が再生しないため永久脱毛が可能ですが、施術者の技量により痛みを伴ったりするため、熟練のプロ集団を育成しています。
口コミ・特徴 詳細へ

美容コラム:待っているのはリバウンド

栄養バランスが太りやすさを左右する

体を動かすための燃料となるカロリーは炭水化物、タンパク質、脂肪を材料とします。この燃料を燃やす材料がビタミン、ミネラルなどの副栄養素です。つまりカロリーに見合った量の副栄養素がなければカロリーが余る=肥満になります。

現代の食事、欧米型の食事は基本的にカロリーが多く、副栄養素は少なめです。理由としては、炭水化物やタンパク質、脂肪といったカロリー系の食材はコストが安く大量生産しやすいことにあります。米国では貧困層ほど肥満が多いという調査結果からも明らかです。

太る原因

太る原因はカロリーと副栄養素の比率にあります。カロリーが多く副栄養素が少なければ燃料だけ残り太ります。副栄養素の方が多いようなバランスを保ち、かつ全体の量を減らすことがダイエットのコツです。